先生は東大から

お子さんにはもっと賢くなって欲しいと思っているものの、今の時点では勉強に火がついていない様子になっている場合もあることでしょう。お子さんは親御さんのイライラした様子をみて、その期待に応えられていないことに対して、同じようにストレスを感じている場合もあることでしょう。独学で受験に備えさせることについて余りにも不安だと感じられるようでしたら、お子さんとよく相談して、どういった方法で受験勉強を行うべきかについて決めていくようにしましょう。

無料体験で家庭教師に来てもらうといった対策をとる人もいますが、通いのほうが良いと考える人は個別指導塾で教えてもらう方法を選択する場合もあるかもしれません。しかも先生は東大の先生となると、合格が目の前に見えてくるような気持ちになったりするかもしれません。

東大の先生が直接に共に勉強の進捗状況を確認してくれるとなると、お子さんは嬉しい気持ちになるはずです。東大の先生も、自分のこれまでの勉強法、苦労したこと、逆に達成感のあったことなど、分かりやすく説明してくれるはずです。受験までの日程が限られたものになっている場合には、最後まで支えてもらう必要があったりもすることでしょう。