継続と東大生

継続は力なりということわざもありますが、受験勉強に関しても、勉強を続けるという姿勢がよい結果を生み出すと言えるでしょう。しかし、学習意欲はそれほど良くないというお子さんに、受験勉強をするようにプレッシャーをかけるのはあまり気が進まないと考える親御さんも少なくありません。どうしても毎日毎日お説教になってしまって、子供も親もお互いにストレスになってしまう場合もあることでしょう。

そういったときに、クールダウンのためにも個別指導塾というスタイルに変えてみられてはいかがでしょうか。個別指導塾で東大生の先生に教えてもらうことになれば、お子さんも先生を尊敬するようになって、毎回の授業もきちんと学習できるようになることでしょう。

勝ち組の先生が教えるわけですから、お子さんも親御さんも楽しみに思われることでしょう。負け組にならないために、今すべきこと、そして数ヵ月後、半年後、受験直前にすべきこと、というように段階的にすべき事柄についてレクチャーしてくれるかもしれません。ライバルは自分だということを教えてくれることでしょう。ひたすら勉強して疲れてしまわないようにも工夫して教えてくれるはずですので、おすすめします。