塾よりも

何時間も塾に拘束させて勉強させるというのは、なんとなく可愛そうだと感じる親御さんもいらっしゃるかもしれません。じっとして問題を解くというのがあまり好きではないお子さんであれば、団体で塾に通うと他の生徒さんとひそひそ話を始めたり、授業にきちんと集中していなかったりする場合もあるかもしれません。

そういったときには、お子さんを中学受験させるべきかどうか、リスクのほうが気になってしまうという親御さんもいらっしゃります。より指導力のある先生を探そうと思うときには、個別指導塾で先生を選ぶという方法もあるわけですから、塾に通わせることがすべてではないことを覚えておくと良いでしょう。

個別指導塾の講師で選ぶならば、やはり東大の先生に個別に教えてもらうというのが近道だと感じる人が多いようです。目標に向かって努力する方法について、自分の体験も交えて教えてくれることでしょう。苦手な科目をどのように克服すればよいのかといった質問にも喜んで答えてくれるはずです。自分の体験、そして失敗談なども話してくれることでしょう。ですから、個別指導塾を考えているときは、どういった講師なのかをしっかりとチェックしてみることが大切です。