あこがれの東大生

子供たちの夢となるような教師が教えてくれるならば、子供たちもその先生に指導された通りに勉強するようになるかもしれないと考えて、エリートな先生を選ぼうと考える親御さんもいらっしゃります。例えば個別指導塾の先生の中からあえて東大の教師を選抜しようと考える人もいらっしゃるわけです。

東大の教師に教えてもらう必要があるかどうかというのは個人個人の判断となるわけですが、どうしてもこのままではお子さんが受験をパスできないと追い詰められているような状況であれば、思い切って東大教師に教えてもらうと良いかもしれません。お子さんの志望校の学校説明会などに参加して、その学校の受験は難しいのではないかと不安になることもあるでしょう。

しかし合格を現実のものにするためには、やはり同じように難関を突破した経験のある教師の生の声を聞いてみることがおおいに参考になるはずです。お子さんも東大の教師が直々に教えてくれるとなると、一心にその話に耳を傾けることでしょう。系統立てて教えてくれるならば、受験までのおおまかな勉強方法が見えてくることもあるでしょう。お子さんのやる気と勉強に取り組む姿勢が少しずつ変化してくることさえあるでしょう。