お子さん

本番に強い子供なので、受験させてみたら意外とパスできるのではないかといったように、お子さんの潜在能力に目を留めてみることもできるわけですが、難関と言われている学校に受験させようと考えていらっしゃる場合には、どんなに本番に強いようなお子さんであっても、それまでに実力をつけておくことが基本と言えるのではないでしょうか。

受験までの期間中、ラストスパートの段階になってもまだ勉強に火がついていないように思える時には、特別な教師に勉強法をレクチャーしてもらうことも考えてみてはいかがでしょうか。東大生、それも現役の東大生に勉強の方法を教えてもらったり、また共に問題を解いてもらったりすれば、憧れの人がどういった解き方をしているのかを目の前で見ることができて、やる気につながるかもしれません。

最近は個別指導塾という形で東大生が直接教えてくれるようなこともあるので、そういった情報をしっかりとキャッチして、お子さんの学力向上に役立てていくようにしましょう。個別で指導してくれるということで、その生徒さんの独特の課題というものに着目して、もっと効率的に勉強するにはどうすればいいのかについて共に考えてくれることでしょう。